サービス

サービス

移動体通信事業者や移動体通信インフラベンダーに、移動体ネットワークの問題解決やス ループット、接続性、継続性といったエンドユーザー観点のパフォーマンス向上のサービ スを提供しています。

移動体通信事業者や移動体通信インフラベンダーに、移動体ネットワークの問題解決やス ループット、接続性、継続性といったエンドユーザー観点のパフォーマンス向上のサービ スを提供しています。

LTEネットワークにおける最も一般的なパフォーマンス指標は、下り方向のスループット です。下り方向のスループットは、ストリーミング、ファイル転送プロトコル(FTP)で のファイルのダウンロード、ウェブブラウジング等のさまざまなアプリがデータをダウン ロードする際のスピードであり、エンドユーザーの満足度に直結します。そのため多くの LTEネットワーク事業者は、自社ネットワークのスループットを計測して、競合他社のパ フォーマンスと比較するベンチマークのために、定期的にフィールド測定を行っています 。複数台のユーザー機器(UE)を同時に使用した詳細な走行テストのベンチマークは 、UEにインストールされたアプリでネットワークスピードを直接数値で得られるため、長 いこと標準的手法と考えられてきました。

しかし、最も優れたネットワークがどのネットワークなのかを判断する上で、UE測定のベ ンチマークは欠点も持ち合わせています。多くの移動体通信事業者は、今日、複数のLTE レイヤーを所有しています。これは契約者数が増加する中で、固有スペクトル等のネット ワークリソースを増やすことで、ユーザーの満足するスループットを実現するために必要 なことです。複数のLTEレイヤーのある環境では、RSRPやRSRQの一時的な変化により 、UEが1つのレイヤーから異なるレイヤーへ異周波間のハンドオーバーをします。つまり 、今日はレイヤー1にいたUEが明日はレイヤー2にいるかもしれないわけです。

さらに、UEに基づいたベンチマーキングはあまりに結果志向のため、自社のネットワーク の良し悪しの理由やその原因まではわかりません。ネットワークの良し悪しにはいくつか の重要な原因が潜んでいます。例えば、該当RFレイヤーのRSRPカバレッジがいい、Gフ ァクターがいい、トラヒックが少ない、レイヤー間のバランスが悪く一つのレイヤーにト ラヒックが偏っている等です。現在主流のベンチマーク手法ではどの原因かわからず、単 なるベンチマークレポートだけでは、通信事業者にとって、ネットワークを改善するため の具体的な行動を取るのが難しい面があります。

弊社では、UEの代わりにLTE RFスキャナーを測定機器とした、革新的なベンチマークを 行っています。LTE RFスキャナーは、複数のセルをスキャンしながら異なるレイヤーの RSRP、RSRQ、SINRと言ったRFカバレッジ情報を連続して収集するLTE信号測定機器で す。この手法により、UEに基づいたベンチマークの欠点を克服することができます。この 手法による詳細な分析的ベンチマークには、全RFレイヤーのトラヒックや潜在的ダウンリ ンクスループットが表示されるとともに、自動的に導き出されたパフォーマンスを制限し ている要素も表示されます。

高品質のパフォーマンスを実現できる、LTEやLTE+の移動体ネットワークの設計に関する コンサルティングサービスを提供しています。弊社のコンサルティングサービスの強みは 以下の通りです。

  • 3GPP標準や各ベンダー(エリクソン、ノキア、ファーウェイ、ZTE)の深い知識、 および解析の専門知識があり、複数ベンダーや複数キャリアが混在したネットワーク も一つの統一した設計コンセプトで構築することができる。
  • サービス特性、エリア特性をシステムパラメータ設計等のネットワーク設計に反映さ せることができる。(例えば、ルーラルエリアやサバーバンエリアではセルエッジの パフォーマンスが重要になるが、アーバンエリアのネットワーク設計ではレイヤリン グやトラヒックのオフロードが極めて重要になる。)
  • 使用できる周波数スペクトルのネットワークリソースを最大限に利用する効率的な移 動体ネットワークを設計する。

豊富な知識と経験、および弊社の半自動解析ツール(移動体端末やRFスキャナで収集した データを解析)を駆使し、LTE/LTE+ネットワークのパフォーマンス最適化を行います。

弊社の最適化サービスには以下のようなものがあります。

  • Field tests such as drive test, walk test, train ride test, etc.
  • Throughput enhancement via SINR improvement and mobility (intra & interFreq. HO)
  • VoLTE improvement including VoLTE’s mute problem
  • Offloading solution for high traffic in LTE networks
  • Cell edge performance improvement using RACH and UL power control optimization

We improve our optimization capability continually through our unique service quality program, SEA.